無限のエネルギーである太陽光

原子力発電や火力発電は、地球上にある資源を使用して発電しています。

そのため、エネルギーとしては有限です。 今後、このまま使い続けることによって、いずれは枯渇してしまう可能性も否定できません。

特に、火力発電は石油などを使用していますが、日本において約70%の割合を占める発電方法であると同時に、最も枯渇する可能性の高いエネルギーを使用した発電方法でもあるのです。

そんな限りあるエネルギーを使用している発電方法に対し、自然エネルギーを使用した発電方法であれば枯渇する心配がありません。

当然ながら太陽光も例外ではありません。

ソーラーパネルに吸収される太陽光は、無限です。

実際には無限ではありませんが、太陽光がなくなるということは、地球が滅びるのとイコールであり、実質的に無限と考えて差し支えないでしょう。

未来を憂う必要がないという安心感が得られることは、無限のエネルギーを発電に使用することの大きなメリットです。

いくら技術が目覚しく発達しても、資源が底を尽きてしまっては全く意味がありません。 結果的には進化や発展も一定の場所で止まってしまうことにつながります。

それに対し、無限のエネルギーであれば、進化していっても無駄にはならないという安心感があります。弛むことなく研究が進み、発展していく分野となります。

よって、現状ではまだ課題があったとしても、未来においてはそれを克服できている可能性がとても高いのです。

ソーラーパネルと太陽光発電は、まさに「未来に希望を持てる発電方法」なのです。