太陽光発電の仕組みって?

発電は、「動力」を使用し「タービン」と呼ばれるモーターのようなものを回す、という理論に基づいています。

風の力や水の流れ、原子力などを利用してタービンを回し、電気を発生させるのです。

では、太陽光発電も同なのかと思いきや、どうやら違うようです。

一番の違いは、太陽光発電はタービンを使用しない発電方法のひとつだというところです。

この方式の発電方法は、他にも「振動発電」や「MHD発電」などがありますが、いずれも一般化にはいたっていません。

つまり太陽光発電は、非タービン発電としては唯一の主流発電方式です。

そんな太陽光発電の仕組みを簡単に説明していきましょう。

半導体素材で作られた「光吸収層」に太陽光が照射され、その層の中にある「電子」が太陽光を吸収し、活性化することで電気になる、という構造になっています。

ただ、これだけでは電気が存在するというだけです。つまり、一般家庭で使用できる「家庭用電源」とはなりません。

そこで、電気の流れ、すなわち電流を生み出す必要があるのです。 これら一連のシステムを一体化させたものが太陽光発電であり、ソーラーシステムとなります。

これら太陽光発電のシステムは、ソーラーパネルに全て内蔵されています。 ソーラーパネルで太陽光を吸収し、そこで一般家庭でも使用できる電気に変換しているのです。

ソーラーパネルは単に太陽光を集めるだけではなく、太陽光を電気に変換するシステムそのものなのです。

このシステムには、とても多くのメリットがありますし、逆にデメリットもあります。 これらの知識を多くの人が得ることこそが、自然エネルギーという分野においてもっとも重要なことなのです。