太陽光発電とソーラーパネル

今では、多くの一般家庭でも見られるようになったソーラーパネル。

言い換えれば、「太陽電池パネル」です。

基本的には、光エネルギーを電力に変換する機器で、太陽光発電のシステムそのものといえます。

太陽光発電装置の開発は、1839年から始まりました。
物質に対して光を当てる「光起電力効果」で電気が発生する現象を人類が発見したことに由来します。

とはいえ、それが「ソーラーパネル」という形で実際に世の中に出るまでには、実に100年以上の歳月がかかっています。

やっとのことで人類が太陽光発電のシステムを生み出すことができたのは、なんと1954年のことでした。

日本では高度経済成長期にあたるこの時期に、既に太陽光発電は誕生していたということです。

とはいえ、日本においてソーラーパネルのシステムを知っている人はほぼ皆無でした。

ようやく注目を集めるようになったのは、さらに20年後の1973年。第一次石油危機、すなわちオイルショックになってからです。

石油に依存した発電では、いずれ破綻してしまうという危機感が募ったのです。

次世代エネルギーに注目が集まった結果、太陽光発電にスポットが当たることになりました。

その後、当時の通産省が「サンシャイン計画」を発案し、1980年代にはソーラーシステム普及促進融資制度も誕生しました。

少しづつ日本に太陽光発電が根付きはじめ、90年代になるとエコの観点からも着目されるようになりました。

そして21世紀。

太陽光発電、そしてソーラーパネルは、日本が誇る最先端技術のひとつとして世界に発信されるようになったのです。