さまざまなエネルギーの発電の特徴

東日本大震災以降、「発電」というものに対する日本国民の意識は、ガラリと変化しました。

特に、自然エネルギーに注目が集まるようになってからは、各自然エネルギーに関する様々な情報が、一般の人の耳にも届くようになりました。

電気というものはどのような原理で、どのような原料によって生まれているのか?という知識や情報を知る機会が増えてきているのです。

その中で、なぜ太陽光発電に注目が集まっているのでしょう?

それは、他の自然エネルギーと比べて、様々なメリットがあるからです。

では、そんなメリットも踏まえた上で、各発電の特徴を見ていきましょう。

日本で行われている発電は、「原子力発電」「火力発電」「水力発電」「風力発電」「太陽光発電」の5つが主流です。

これらの他にも様々な発電方法がありますが、まだ実用化という点ではミクロな存在です。

まず、原子力発電。 もはや原子力発電に関しては、説明不要でしょう。 今最も日本で問題視されている発電方法で、その安全性には大きな疑問が持たれています。

続いて、火力発電。 火力発電は、日本で最も多く採用されている方法です。

石油などの化石燃料を利用しており、環境への影響や石油高騰の影響など、いくつかの問題点が指摘されています。

水力発電は、自然エネルギーである「水の流れ」を利用した発電方法です。 とてもクリーンですが、水の流れには限度があり、十分なエネルギーを賄うのが難しいという問題もあります。

風力発電も同様で、これらのエネルギーを主流とするならば、システムの開発、維持に莫大なコストがかかるでしょう。

おしまいに、太陽光発電。 ソーラーパネルを取り付け、太陽光を取り込み、それを電気に変換するという発電方法です。私達にとっても一番身近な発電方法かもしれません。

では、そんな太陽光発電の特徴やメリット、また、デメリットなどを学んでいきましょう。