発電のしくみについて

発電は、「動力」を使用し「タービン」と呼ばれるモーターのようなものを回す、という理論に基づいています。

風の力や水の流れ、原子力などを利用してタービンを回し、電気を発生させるのです。

では、太陽光発電も同なのかと思いきや、どうやら違うようです。

一番の違いは、太陽光発電はタービンを使用しない発電方法のひとつだというところです。

この方式の発電方法は、他にも「振動発電」や「MHD発電」などがありますが、いずれも一般化にはいたっていません。

つまり太陽光発電は、非タービン発電としては唯一の主流発電方式です。

そんな太陽光発電の仕組みを簡単に説明していきましょう。

半導体素材で作られた「光吸収層」に太陽光が照射され、その層の中にある「電子」が太陽光を吸収し、活性化することで電気になる、という構造になっています。

ただ、これだけでは電気が存在するというだけです。つまり、一般家庭で使用できる「家庭用電源」とはなりません。

そこで、電気の流れ、すなわち電流を生み出す必要があるのです。 これら一連のシステムを一体化させたものが太陽光発電であり、ソーラーシステムとなります。

これら太陽光発電のシステムは、ソーラーパネルに全て内蔵されています。 ソーラーパネルで太陽光を吸収し、そこで一般家庭でも使用できる電気に変換しているのです。

ソーラーパネルは単に太陽光を集めるだけではなく、太陽光を電気に変換するシステムそのものなのです。

このシステムには、とても多くのメリットがありますし、逆にデメリットもあります。 これらの知識を多くの人が得ることこそが、自然エネルギーという分野においてもっとも重要なことなのです。

ソーラーパネルを設置する際には、業者などの専門家に依頼する必要があるでしょう。

決して簡単に設置できる装置ではない上に、屋根などの高い場所に設置するケースがほとんどなので、自分で行うのは危険です。

ただ、いったん設置さえしてしまえば、以降のメンテナンスは比較的容易にできます。

ソーラーパネル内における発電構造は、非常にシンプルです。

数多くの精密な機械を使用しているというわけではないので、メンテナンスも楽に行えるうえ、故障や劣化がしにくいという大きな特徴があるのです。

これは、装置を維持していくうえでとても大きな意味を持ちます。 故障などの理由で発電ができなくなるというトラブルを招く可能性が低いのです。

電気というものは、日常において言うまでもなく重要なエネルギーです。 そしてそれ以上に、仕事を行う上で欠かせないものです。

もし日中に電気が使えなくなったら、パソコンも動かせない、インターネットにも繋げないという事態が起こります。

また、携帯電話も充電ができなくなり、場合によっては使用不可となってしまいます。 もちろん、掃除機や洗濯機、冷蔵庫も使えません。

何より大きいのは冷房機能が使えないという点ではないでしょうか。

夏場であれば熱中症の心配もありますし、季節に関係なく冷凍が必要な食品を扱っているお店は、商売ができなくなってしまいます。

もし、ソーラーパネルの故障でこのような状況が起こる可能性があるとなると、なかなか太陽光発電に対する信用は得られません

ですが、この点に関しては何ら心配はないのです。

発電というと、かなり大掛かりな作業のように思えるかもしれません。

実際、東日本大震災の現場の様子が報道で流された際、原子力発電所の緊迫した様子を多くの人が目の当たりにしました。
それによって、その巨大な施設で行われる大掛かりな発電の様子がイメージとして定着しているのではないでしょうか。

ただ、あれはあくまでも原子力発電の、それも膨大な量の電気を生み出す施設ならではの光景です。

発電というのは、必ずしも大掛かりである必要はありません。

実際に、非常にシンプルな構造で発電を行う太陽光発電は、こぢんまりとした作業で粛々と行われます。

静かに発電ができるため、周囲の家に迷惑がかからないという点もメリットとなり得る要素でしょう。

たとえば、ひと昔前のボイラーのように、熱を生み出す際に大きな音を鳴らすような装置であれば、環境によっては利用しずらいということにもなります。

ですが太陽光発電では、そういった心配は一切ありません。

ソーラーパネルで発電が行われている間も、騒音や振動は一切なく、とても静かに電気が生み出されています。

よって、住宅街のような一般家庭が密集している場所でも、問題なくソーラーパネルを設置できるのです。

また、発電の際に生まれる廃棄物や排水、排気といったものも、太陽光の場合は心配ありません。

これは、まさに自然エネルギーを利用している恩恵と言ってよいでしょう。

エコの視点での長所もありますが、なにより周囲への迷惑が一切かからないという点が、各家庭において大切な意味を持つのではないでしょうか。